学資保険(子供保険)のデメリット 学資保険(こども保険)に限らず、保険というものには必ずメリットとデメリットが存在します。ここでは学資保険(こども保険)に加入した場合はどのような“デメリット(欠点)”があるのかを説明しています。これらのデメリットを踏まえた上で、加入するかを検討する必要があります。

学資保険(こども保険)のデメリット

◎元本割れの可能性がある

学資保険(こども保険)は貯蓄性の高い生命保険ですが、保険の内容や、加入時期によっては元本割れ(受け取れる保険金額(満期学資金+祝金)が支払った保険料の総額を下回る)する可能性があります。 特に保障型、親に万一のことがあった場合に育英年金(養育年金)が受け取れたり、子供の医療保障、死亡保障など、保障の充実したタイプの学資保険(こども保険)の場合、元本割れすることは必然なので、このように返戻率が100%を下回る学資保険(こども保険)に加入する場合は、どれほど元本が保証されるのかを必ず計算することはもちろん、それらの保障が本当に必要なのか?他の保険(生命保険・共済など)で補えていないか?をよく考えましょう! ※元本割れしない学資保険(こども保険)でも、途中解約した場合に受け取れる解約返戻金の額は元本を下回ってしまいますので注意が必要です。

◎受け取れる保険金額が契約時に確定している

学資保険(こども保険)のほとんどは、契約時に将来受け取れる保険金額(満期保険金(満期学資金)+祝い金)と受け取る時期が確定していますので、もしも物価や教育費が上昇した場合は、受け取れる保険金だけでは教育費がカバーできない可能性があります。 以上のように、学資保険(こども保険)も生命保険ですので、充実した保障が付いているからといって安易に契約すると、結局は余計な保険料を支払うことになってしまうこともあり、また将来受け取れる保険金額が確定していることがほとんどなので、投資として考えているのであれば、その他の商品のほうが魅力的かもしれません。

この記事を書いた人

浦上 佳久(有)あいぷらす|代表取締役Twitter:@eeadviser
岡山県岡山市で、保険の見直しのコンサルタントをしています。
自分で保険のことがわかるを、キーワードに、動画セミナーを現在無料で提供しています。|セミナー実績|岡山青年税理士クラブ様・RSKハウジングプラザ様・津山住宅公園様・関西プラスチック工業株式会社様|三井住友海上火災株式会社様|etc