学資保険は必要か?

学資保険(こども保険)が必要なのか?必要ないのか?は、それぞれの家族の状況や考え方によって異なりますので、一口に必要だ!必要ない!ということはいえません。 ただいえることは、「学資保険(こども保険)は教育資金を準備する手段の1つ」でしかないということです! 確かに学資保険は親に万一のことがあった場合でも、それ以降の保険料払い込みが免除されたうえに(通常は保険料払込免除特約が付加されています)、「満期学資金+祝い金」は全額受け取れる事が最大のメリットですが、親に万一のことがあった場合の子供の教育資金は何も学資保険でなくても生命保険で十分かもしれませんし、契約内容によって受け取れる子供が死亡した際の死亡給付金なんて必要ありますか?子供がいなくなって数百万円貰ってうれしいですか? 特に子供の医療保障や育英年金(養育年金)が付いた保障型学資保険の場合、子供の医療保障は掛け金の安い共済で十分かもしれませんし、育英年金も生命保険で十分かもしれません。 もちろん人それぞれ考え方が異なりますので一概には言えません。 確かに利回りの良かった時代は学資保険は加入しなければ損すると言っても過言ではない金融商品でしたが、利回りの低い現在では、何も学資保険にこだわらなくても、貯蓄やその他の資産運用を考えてもよいかもしれません。 学資保険(こども保険)でなくても教育資金は準備できる 貯蓄やその他の生命保険、さまざまな投資(株式・国債など)などで子供の将来の教育資金を準備することも当然可能ですし、それぞれにメリットとデメリットがありますので、それらをよく検討し、自分たちにあった最適な方法で教育資金を準備すればいいのでは?と思います。 ただ単に、友人や知人に薦められたからとか、子供が産まれたら学資保険(こども保険)に加入するのは当たり前だという考えは捨てましょう。 そうでなくても子供が産まれたら養育費がかかりますので、将来のことも大切ですが、今、現在のことも大切だからです。 学資保険(こども保険)に加入する前に 学資保険(こども保険)に加入する前に、まずは親に何かあった場合のことを考えたほうが良いでしょう。「学資保険(こども保険)はあくまでも子供の将来の教育資金のための保険」です。 もちろん保険契約者(親)に万一(死亡・重度障害)のことがあった場合には、それ以降の保険料の支払いが免除され、満期学資金や祝い金は受け取れますが、逆にいえばそれだけしか保障されないのです(保証型の場合はさまざまな医療保障や死亡保障が付けられますが)。   ですので、まずは親の保障を充実させ、親に万一のことがあった場合でも残された家族が生活に困らないようにすることが大切なのです。 せっかく学資保険に加入していても、その保険金を結局は生活費に充てなくてはならなくなっては意味がありませんから。

この記事を書いた人

浦上 佳久(有)あいぷらす|代表取締役Twitter:@eeadviser
岡山県岡山市で、保険の見直しのコンサルタントをしています。
自分で保険のことがわかるを、キーワードに、動画セミナーを現在無料で提供しています。|セミナー実績|岡山青年税理士クラブ様・RSKハウジングプラザ様・津山住宅公園様・関西プラスチック工業株式会社様|三井住友海上火災株式会社様|etc