学資保険の選び方

以前までは学資保険(こども保険)といえば郵便局(かんぽ)しかありませんでしたが、近年では多くの保険会社がこの学資保険(こども保険)を販売するようになりましたので、自分たちに合った最適な保険を選択する必要がでてきました(逆にいえば選択肢が増えたということでもあります)。  

学資保険(こども保険)の選び方のポイント

1:まずは学資保険(こども保険)が本当に必要なのかを考える

学資保険(こども保険)は必ずしも必要な保険ではないかもしれません。 ・確実に教育資金を貯蓄していく自信がある! ・他の生命保険などに加入しており、親に何かあった場合でも十分な保険金が受け取れるので子供の教育資金は心配ない。 ・十分な収入があり、かつ十分な貯蓄がある。 上記に該当する場合は、正直いって学資保険の必要性は少ないかもしれません。 ⇒学資保険(こども保険)は必要か?

2:保障型か?貯蓄型か?を決める

学資保険(こども保険)が必要だと感じる場合は、次にどちらのタイプが最適なのかを考えましょう。 ⇒貯蓄型の学資保険(こども保険) ⇒保障型の学資保険(こども保険) 学資保険(こども保険)は大きく分類すると上記の2つのタイプに分けられます。どちらが良いかはそれぞれの家族の状況によって違いますので、どちらが最適なのかをよく検討しましょう。  

3:満期の時期(満期学資金を受け取る時期)を決める

貯蓄型か?保障型か?を決めたら、次に満期の時期、満期保険金(満期学資金)を受け取る時期を決めましょう。 といっても、ほとんどの保険会社がこの満期学資金や祝い金の受け取り時期はあらかじめ設定していますので、私たちからみればそれらの中から選択するしかありません。 満期学資金は「17歳・18歳(大学進学時)/20歳・22歳(自立時)」で設定できる場合が多いようです。   この中でもっとも多く、ほぼ全ての保険会社が設定しているのが「18歳満期」です。子供の教育資金がもっとも必要になるのは大学進学時ですので、当然ですね。   ただ18歳満期だと大学の入学金を支払う時期に間に合わない可能性も出てきますので、最近では「17歳満期」を設定している保険会社も増えてきました。 また満期学資金で一度にまとめてもらうタイプと、祝い金として小学校入学時、中学校入学時、高校入学時に、こまめに分けてもらうタイプがありますので、どちらが良いかを考えましょう(祝い金としてこまめに受け取ると、当然その分、満期に受け取る学資金額は少なくなります)。  

4:満期保険金額(満期学資金)の設定

次に満期の額を設定します。これはあらかじめ保険会社が設定している場合と、私たちが設定できるプランに分かれますが、いずれにしても子供にどのような教育を受けさせたいのか?学資保険の保険金や祝い金だけで教育資金を用意するのか?によって変わってきます。 さらに月々、支払える保険料も考えなければなりません。加入時期だけではなく、将来を見据えて無理のないプランを組むことが大切になります。 無理なプランを組んで保険料が支払えなくなり、途中解約してしまった場合、貯蓄型で返戻率が100%を超えるものでも、途中解約すれば当然、元本割れしてしまいますので注意しましょう。  

この記事を書いた人

浦上 佳久(有)あいぷらす|代表取締役Twitter:@eeadviser
岡山県岡山市で、保険の見直しのコンサルタントをしています。
自分で保険のことがわかるを、キーワードに、動画セミナーを現在無料で提供しています。|セミナー実績|岡山青年税理士クラブ様・RSKハウジングプラザ様・津山住宅公園様・関西プラスチック工業株式会社様|三井住友海上火災株式会社様|etc