学資保険に加入できない場合もあるの?

学資保険(こども保険)は生命保険の1つですので、保険契約者(親)や被保険者(子供)の「現在の健康状態・過去の病歴・身体の障害状態・職業など」を告知する義務があります。 ですので保険会社の規定によっては当然、加入できない場合もあります。 もしも嘘の告知をした場合などは、告知義務違反となり、保険金が受け取れなかったり、一方的に保険契約を解除されることもありますので注意しましょう。 保険会社の商品によっては、被保険者となる(子供)の 健康状態の告知が、必要ないものもありますので、お問い合わせ下さい。 また学資保険(こども保険)の場合、ほとんどの保険会社(保険の内容)で保険契約者(親)や被保険者(子供)の年齢制限がありますので、その年齢制限に該当しなければ加入することはできません。 ◎保険契約者(親)の年齢制限~こちらも保険会社によって異なります。 ◎被保険者(子供)の年齢制限~こちらも保険会社によって異なります。 ※産まれる前から契約できる保険会社もあります ※保険契約者や被保険者の年齢制限は、保険会社や、保険の内容によって必ず異なりますので、事前に確認しましょう。

この記事を書いた人

浦上 佳久(有)あいぷらす|代表取締役Twitter:@eeadviser
岡山県岡山市で、保険の見直しのコンサルタントをしています。
自分で保険のことがわかるを、キーワードに、動画セミナーを現在無料で提供しています。|セミナー実績|岡山青年税理士クラブ様・RSKハウジングプラザ様・津山住宅公園様・関西プラスチック工業株式会社様|三井住友海上火災株式会社様|etc